特別講演会「砂漠の中の庭園:エジプト・ダハシュールの屈折ピラミッドにおける近年の発掘調査」(2019年1月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカ学際研究拠点推進ユニットでは、マドリード・ドイツ考古学研究所のフェリックス・アーノルド博士をお招きし、下記の要領で特別講演会を開催いたします。この講演会では、近年発掘が進められているダハシュールの屈折ピラミッドを取り上げ、古代エジプトにおける都市景観の実態についてご講演いただきます。閉会後は懇親会も予定しておりますので、お時間に余裕のある方は、さらなる意見交換の場としてぜひご参加下さい。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。 

※この講演会は、平成30-34年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」(研究項目A02計画研究3「古代エジプトにおける都市の景観と構造」・研究項目C01計画研究5「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」)の合同研究会として行われます。

開催日時

2019年1月31日(木)17時30分~19時00分

会場

稲盛財団記念館 3階 中会議室
(京都市左京区吉田下阿達町 46)

講演者および題目

フェリックス・アーノルド博士(マドリード・ドイツ考古学研究所 上席研究員)
「砂漠の中の庭園:エジプト・ダハシュールの屈折ピラミッドにおける近年の発掘調査」

使用言語

英語(通訳なし)

参加費

無料

共催

京都大学学術研究支援室、日本学術振興会カイロ研究連絡センター、金沢大学新学術創成研究機構、文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」

お問い合わせ

京都大学学術研究支援室(担当:坂本)
TEL: 075-753-5163 E-mail: sakamoto@kura.kyoto-u.ac.jp

  • News Category
pagetop
Search